tasogarex’s blog

ITガジェットやライフハックとしてのゲームについて書いています。ITコンサルティング会社勤務シニアマネージャー。一児の父です。

toioが届いた

こどものプログラミング教育を始める為に購入したSONYのtoioが届きました。

プログラミング教育キットを選定したときのブログはこちら↓

tasogarex.hateblo.jp

白を基調とし、コンソールと呼ばれる台にA/Cアダプターを繋ぎ、充電式のロボット本体にあたるキューブが2個ついています。また、リングと呼ばれる操作コントローラーがUSB2.0でコンソールに有線で繋がります。

今回は、「gogoロボットプログラミング~ろじーぼのひみつ」同梱版で購入しています。 こちらのキットには、スケッチブック型の絵本と、キューブによみこまえるプログラミングカードセット、キューブくっつけるキャラクター「エンタ」「コロン」「ラジ」の顔パーツがついています。

早速、開封し、充電をすませ、子供とともに本を開きました。 絵本の左型に物語と、お題にあたるプログラミングの命令コマンドのヒントが書いてあり、 プログラミングカードを並べて、ロジックを作り、エンタ(キューブ)を「めいれいかいし」カードの上に置くと、「めいれいをよみこむよ!」の声とともに動き出し、プログラミングカードを読んでいきます。

キューブの底にはカメラとローラータイヤがついているのです。 最初のページは「めいれいかいし」「いっぽすすむ」「めいれいしゅうりょう」カードだけで始まり、それだけでも動いて読み込む動きは、かわいいし楽しいです。

よみこみのおわったエンタ(キューブ)を絵本の右側のスタートマスに置くと、読み込ませた命令をひとつずつ発声しながらエンタが動いていきます。無事ゴールのマスまでいければそのページがクリアとなりコンソールに記録され、次のページをすすめることができます。

本当によくできていて、命令を読み込むときも、多少カードがまっすぐ並んでいなくても自動的に向きを調整して読んでいきますし、絵本の右側ページで実行しているときも、間違ったプログラミングのときには、壁に相当する線にぶつかってたじろぎ「すすめないよ!」といいます。

ページが進むと、2台目のキューブ「コロン」を登場させるのですが、これがまたよくできている。エンタとコロンが自動的にむきあって会話を始めながらエンタが動き始め、動けなくなったコロンを押してあげる直前で、コロンがちゃんとエンタに背を向けたり、無事ゴールにつくと、2体ともくるくる回りながら喜んでくれます。

あっという間に娘もはまってくれ、初日で、第3章まで一気に進めていました。 この時点で、「いっぽすすむ」「みぎをむく」「ひだりをむく」「つぎのしょりをN回くりかえす」を10命令以上組み合わせる段階まで来ています。

f:id:tasogarex:20200705140540j:plain

こうしてあと少しで6歳になる我が子のプログラミング教育は幕を開けたのでした。 絶対に大人も楽しめるので、とても良い買い物をしたと思いました。

子供にゲームをさせるべし

子供とテレビゲームは、いつの時代も賛否両論ですが、
我が家では、全力で教育にテレビゲームを取り入れています。

こどもに与えるゲームソフトは、自分も楽しめる、かつ知育効果が期待できるものにします。子供の遊び、知育、自分の趣味を同時に達成できます。

例えば教育会社が作っている学習系ソフトは自分が楽しめないのでNG。

ポケモンは素晴らしいゲームであり、こどもも欲しがるし個人的にもほしいしやりたいんですが、STEAM(Science, Technology, Engeneering, Arts and Mathematics)観点でちょっと不足するのでぽちっと大人買いしてしまいたいのを、ぐっと我慢して買わない。

我が家のゲームエントリーに選ばれたのはSwitchのマリオパーティでした。こどもが4歳になりたてのときです。家族や友達と楽しめるのと、百種類以上あるミニゲームは全て小さなこどもや御老人でも楽しめるようにインターフェースが工夫されており、高得点を取るために様々な刺激で頭を使っていくことになります。

昔と違って今の家庭用ゲーム機のコントローラーはインターフェースが複雑です。ボタンも多いし、使う指も多く、モーションセンサーもついてます。

つまり、単純に考えると、我々のこども時代のファミコンより、今のゲーム機は最低対象年齢があがっているはずなのです。

小さなこどもでは操作方法がわからないから楽しめない。この問題に対して任天堂のソフトにおける工夫は本当に素晴らしく、細かいところまで親切にこどもが自然と迷わず操作できるよう設計されています。

4歳児にコントローラー操作を身につける上でマリオパーティは最適と判断し導入したものです。実際、半分以上のミニゲームは自力でできるようになりました。いくつかスピードと正確性の求められるミニゲームは、大人に助けてもらって進めています。

その後、コントローラー操作がある程度みについたところで、
ゼルダの伝説Breath of wildをやらせています。木を切って、薪をおいて、炎の武器で火をつけて、恐ろしいマモノが出てくる夜をたき火で朝までやり過ごす術を覚えます。
オープンワールドで、森や海、山登りの向こうには何があるか、自由に冒険させます。

5歳ではどうぶつの森も買いでした。住人とのコミュニケーション、箱庭における様々なアイデアでのクラフト。色々なファッションが楽しめ、おさかな、むし、美術の図鑑効果もあります。父も母も夜中に癒やし効果で楽しめます。

一緒に電車に乗っているときはスマホドラクエウォークも許可してます。火のモンスターに氷がよく効くとか理解しはじめ、HPとダメージの概念で算術にも意識がではじめます。

マリオやドラクエは、キャラクターコンテンツの持つ副次効果も大きいです。なんといっても日本の強み、キャラクター、モンスターがかわいいので、大人も子供にも愛されます。保育園や小学校での話題にも必ずあがります。また、30年という2世代コンテンツができているのも親子一緒に楽しめて、家族の話題としてももりあがる要素です。

最近ではスクウェア・エニックスから、ひらがなやさんすうをドラクエで学べる書籍も発売され、こどもに買ったところ、自分からどんどん勉強をしてくれる絶大な教育効果を発揮しています。

https://store.jp.square-enix.com/item/9784757562677.html

このゆうしゃドリルは本当によくできていて、タシザーンのむらやヒキザーンのむらを進んでいきながら、銅の剣や薬草をG計算しながら買ったり、スライムやドラキーのHPをたしざんひきざんしながら倒していくんです。

推奨学年小学校2年生となっていますが、5歳の我が子は自発的に一生懸命やってます。自分で2桁の計算ができるように、公文の数字表も買ってきておいてます。

これはドラクエウォークに触れさせていなかったら発生していないことです。数字の概念に触れさせるのもいいかな程度に思ってドラクエをやらせはじめたものですが、予想外のキャラクターコンテンツ向学効果を生み出しました。

こどもが大きくなるにつれ、勉強すべき時間は増えていきますが、親が一緒に見てあげられる時間は限られています。
これを解決するためにはこどもが自力で遊びながら学べるコンテンツが必要です。
その点でゲームというには非常に有用であると考えています。

ゲームクリエイターの皆さまには本当に感謝と敬意を示したいと思います。

toio VS LEGO VS Nintendo LABO

娘がもうすぐ6歳になるので、プログラミング教育を本格的に開始してみようと思っています。

どうせやるなら、知育効果もさることながら、私の電子工作の趣味と両立させたいという勝手な願望から、以下のツールを候補に選定しました。なお、私はSONY任天堂も大好きです。

1. SONY toio

2. LEGO WeDo2.0

3. ニンテンドーラボガレージ

SONY toio

toioバリューパック"GoGoロボットプログラミング~ろじーぼのひみつ~"同梱版 19,980円 対象年齢6歳以上

toio.io

パネルと絵本から始められ、順次・分岐・反復アルゴリズムを可愛い動くフィギュアベースでみにつけていける。 最もわかりやすそうに見える。できることがある程度しぼられており、 パーツについての技術や知識がなくとも、プログラミング・アルゴリズムにある程度集中できる仕掛けに見えます。 一人でも遊べるが、2つの動く本体となるキューブがついており、保護者や友達と対戦や一緒にあそべるコンセプトとなっています。

LEGO WebDo2.0

モーター(サーボ)、モーションセンサ、チルトセンサーでくみ上げる本格電子工作キット レゴと合わせ技なのが強い。造形デザインやリーチをレゴブロックで自在にアレンジができる。

32,700円

対象年齢5歳以上

6つのキットがつくれる教材セット

とあるが、内容的には大人の電子工作の導入に近く、5歳にはハードル高いのではと思いました。 これは私がラズベリーパイでロボット作りを数年前に手を出しているから、似ていると感じたものです。

afrel.co.jp

ニンテンドーラボガレージ

NINTENDO LABOバラエティキット 6,980円 対象年齢6歳以上(with保護者) 10歳以上(ひとり) NINTENDO LABO VRキットちょびっと版 3,980円 対象年齢7歳以上(with保護者)

段ボールベースでコスパは最強。Switch本体とJoyコンがロボットのコンピューター本体部分を司ります。 Switchを画面としてつかったり、タッチパネルとして使ったり、joyコンもジャイロセンサー役、赤外線/モーションセンサー役、リモコン役、振動によるアラートや移動役と、何ができるかアイデア次第で無限大というユーザーに育ててもらう前提のコンセプト。さらにVRまでふみこんでます。 ただこのラボ、コンセプトが野心的すぎるんですよね。 一般的ロボットプログラミングの基礎導入で学ぶ、モーター処理がなく、一方でタッチパネルや振動、赤外線という高度なインターフェースを、どう遊びにいかせるか創造させる為、大人のアイデア介入が不可欠になります。

いざ選定

  • とっつきやすさ、継続しやすさを重視

単純評価では toio > ラボ > LEGO と判断したのですが、ここでややこしい状況が生まれました。 2020年7月、ニンテンドーLEGOが公式にコラボして、レゴ スーパーマリオの16キットが発売されてしまうのです。 レゴ スーパーマリオは、上述のLEGO WeDoとはなにも関係ありません。プログラミングとの連動は全く意識されていない商品です。

しかしながら、当然同じレゴブロックの規格ですから、レゴ スーパーマリオのブロックパーツは、LEGO WeDoにくっつけて動かすことができます。 LEGO WeDoは最も教材チックだったので、子供が一度つまらない判定してしまって「お勉強」として距離を置いてしまうと、一気に高級ブロックインテリア化してしまうリスクがありましたが、そこにマリオ達が加わると全くかわります。

topics.nintendo.co.jp

結論

  • SONY toioを採用しました。

理由1: ニンテンドーラボバラエティキットをすでに持っている。(ガレージはまだ遊んでいない) 理由2: 我が家はまだレゴブロックを導入していない。(別の大き目ブロックだけ)

まず、ラボはもうもっていますが、上述のとおり、プログラミングの基礎を学ぶにはハードルが高いインターフェースです。デフォルトで入っているつりやバイクやおうちやピアノは楽しく遊べてますので、こういう遊び方もできるという刺激は学べていますのでそれでまずは十分。

次に、レゴはまだもっていないのです。保育園やお友達の家にあるので欲しがっていましたが、誤飲リスクや、家の中で行方不明になるパーツ達、大人が踏んだ時の痛さが必至であるため、見送ってきました。 よって、いきなりロボティクス自動化されたレゴを導入する前に、まずはレゴを導入して、細かいブロック遊びというステップを踏むべきと判断。そんな中、レゴマリオは良いタイミングなので導入してみようと思います。WeDoはtoioを卒業した後の本格編と位置づけてもよかろうと。

toioはおもちゃとして十分機能すると判断しました。一緒に遊んでも難しさを感じる前に楽しそうです。そのあたりのとっつきやすさ・継続性をかなり意識して設計してくれている開発努力を感じました。

目指せYoutuber

5/8 AviUtlの導入 OBSの導入

AviUtlで動画を編集し、OBSで動画にテキストやLive 2Dをのっけて配信動画を作成するという流れのようです。

5/9 AviUtlというソフトで動画をリサイズしたり、範囲選択したり、5倍速にしたりすることができるようになりました。

PCリストラ

STAY HOME GWということで、PCをリストラクチャリング

改めてスマホも含めるとこの10年で多くのコンピューターを保有していたのだなーと思いました。

さて、まずは現行PCのスペック

ヤフオクで業者がくみ上げたDELLBTOパソコン Intel i7 3770 RAM 4GB×2 DDR3 HDD 500GB DVD RWドライブ Ultra Speed マザボ DELLOptilex 7010SF固有 グラボ GeForce GT710(玄人志向) 電源 DELLOptilex 7010SF固有 ケース等 DELL Optilex 7010SF OS Windows7 Pro

f:id:tasogarex:20200504163732j:plain

2018年9月購入で4万円位だった。中古だが、i7でこの価格はかなりお買い得だったと思っています。 なによりコンパクトでした。高さ290mmというのが、自宅の書斎デスクの奥にスッポリ納まっていたのがよかったです。

そして今回出来上がったNew PC。初めての自作PCとなりました。

CPU Ryzen 5 3500 RAM 8GB×2 DDR4 SSD 500GB マザボ MSI MPG X570 GAMING PLUS ATX グラボ GeForce GTX1660Super 電源 玄人志向 KRPW-BK650W/85+ (Bronze) PCケース MSI MAGミドルタワー OS Windows10 Pro

f:id:tasogarex:20200504163801j:plain

しめて9万円に収まりました。結果としてゲーミングPCに仕上がってしまったので、まあこんなものかなと思っています。

そもそもこのリストラは、 軽い気持ちでグラボをポチってしまったことが発端でした。

グラボをつけてみる ↓ 補助電源が必要であることがわかる ↓ 電源ユニットを買う これはこれでゲームなど快適に動くが、グラボも電源ユニットもPCケースにまったく収まらない ↓ ケースをミドルサイズに新調するならマザボもマイクロATXからATXサイズに新調したくなる ↓ 流行のAMDマザボを買う ↓ Ryzen 5 3500を買う ↓ メモリは前のを使いまわせるつもりだったが、最近のDDR4マザボはDDR3メモリが使えないことにはまる ↓ メモリ買う ↓ ここまでやったら、OSもSSD起動にして高速環境を実現したい ↓ SSD買う

ということです。電源までであれば3万円程度だったのですが、家にいると余計な投資をしてしまいますね。 結果的に2台稼動できるようになったので、完全に後付けですが、ちょうど奥さんがマイPCを欲しがっていたので、intel i7機は奥さんに提供しようと思っています。

スマートコンセント導入

ずっと欲しかったスマートコンセントをついに導入しました

 


f:id:tasogarex:20181229134024j:image

 

PHILIPSのHUEやNature Remoなど、スマートホーム化のソリューションをどう構築するかずっと悩んでましたが、コストの高さや手に入りにくさ、赤外線の必要性などで踏み切れていませんでした

 

今回導入したのは中国のMerossという製品でした。決め手は4個で4,999円という価格です

 

できること

・タイマーでオンオフ

スマホでオンオフ

スマートスピーカーからオンオフ

・オンになってから何分後にオフなどのロジック設定

・シーン設定

 

今回使いたい対象

・リビングの間接照明ランプ

・寝室のテーブルランプ

・寝室のハロゲンストーブ

 

まずリビングランプ

これは睡眠の質を改善する為には、寝しなは照度を落としたり白色や昼夜色ではなく琥珀色などが良いという話を聞いてから取り組みたかったことです

家に結構ルームランプや間接照明があるのですが、ランプそばのコンセントコードについているスイッチを押さなければいけないため、面倒で家族の誰も使っていませんでした

そこで今回Merossくんをつなぎ、Google homeとアカウントリンクさせると、

「OK グーグル、ルームランプをつけて」

ピカ!


f:id:tasogarex:20181229203751j:image

 

やったー!これで疲れて帰ってきてからも一歩も動かずナイトモードにできます

 

次に寝室です

ちょいと怪我をしてしばらく家族とは別の寝室で寝なければならなくなった時、旧式のハロゲンストーブを使うことに

当然タイマーとかもついてない代物で眠りに落ちる前にストーブまで近づいて消さなければなりません。怪我も痛いしこれが面倒でした

よってMerossくんです

夜何時にオンにして、2時間後にオフにする設定でつけっぱなしで眠ることも可能になり、スマホから消すこともできるようになりました

やはり必要性が、生じるとスマート化も進みますね

 

 

 

クラウドファンディングBCIで脳をハックしてみた

Kickstarterで6ヶ月前にファンディングしたガジェットが届きました。


f:id:tasogarex:20180811114242j:image

送料込みで7,738円でした。

これは何かというと、BCI(ブレインコントロールインターフェース)といって脳波を測定出来ます。

入手目的は大きく3つです。

①今年から取り組んでいるヨガ瞑想の効果を測定する為

②集中力、疲労、パフォーマンスの関係を調べて最適化する為

ガンダムサイコミュやファンネルなど、脳波コントロールに憧れがある為

 

クラウドファンディングも3回目なので予定より発送が遅れるのは予想済みでしたが、今回は中国語ハードルがありました。Kickstarter上ではわからないようになってましたがいざ投資してみると、中国語とチャイナウォール内アプリの導入難度というハードルがありました。この件については他のバッカー達もクレームコメントの山。

しかし見方を変えると自身のサイトや会社環境がグローバル対応できてなくても、うまくやればクラウドファンディングで資金調達できてしまう良いケーススタディになりました。サイト公表値でも200万円程調達できているそうです。

さてこのESPさんを使用してみた報告です。

 

まずESPさんが付いたゴムバンドを頭に巻きます。

提供元紹介画像だとこんな感じです。


f:id:tasogarex:20180818063929j:image

このゴムバンドにはおでこのあたりに電極が3つついており、脳波は微弱な電気信号なので、電極で読み取ってESPさんに送っています。ESPさんは脳波アナログ値をデジタル値に変換して数値化するという仕組みです。

仕組みを知ってしまえばラズベリーパイのセンサーキットと同じです。

デジタル値にしてしまえばあとはそのパラメーターを入力値にして、いかようにでもロボティクスを操作できます。

ESPさんはBluetooth出力も備えています。

例えば脳波でスピードをコントロールする車


f:id:tasogarex:20180818064856j:image

例えば脳波分析スマホアプリ


f:id:tasogarex:20180818065250j:image f:id:tasogarex:20180815082442j:image

下のグラフは私の瞑想時のもの。脳疲労値が低く、集中力値が高いほどリラックス状態で水色判定されるようです。

なんとなく日別の下段(瞑想後半)の方が水色時間が増えてますね。瞑想効果は出ているようです。よかった。より質の高い瞑想を定量的に追求していくことができそうです。

さてサイコミュは実現できるかという目的はどうするのかというと、最初の写真に写っている基盤が活躍します。

これはDevelopmentボードと名付けられており、ラズベリーパイやArduino(以下ラズパイ)と接続することで、ESPさんが測定している脳波データを生データとしてラズパイに取り込むことができます。脳波は音声データ(.wav)と同じように波形の信号となっています。この波形の形やピーク値を分析することで、考えていることを読み取ったり、脳疲労や集中度合を測ることができます。

最近では頭で思い浮かべた文字を脳波から読み取って出力する研究も発表されています。

ラズパイに取り込んだ波形データを自分自身で分析したり外部のソースデータやAIと連動させて思考分析させたりと、脳波研究が自分でできるようになるのがDevelopmentボードです。

まだつなげていませんが、これを使って「撃て!」と念じればフラグがたつプログラムが作れれば、理論的にはファンネルはできるはずです。いつになるかわかりませんが素人マッドサイエンティストの道を進んでみみようと思います。